No.5

yt通信ロゴ No.5  2011年11月

曲芸するうさぎさん

しんさやまYT治療院 院長 山本栄治
狭山市新狭山2-6-57
04-2997-8188
ホームページ https://shinsayama-yt.com/

各地から初霜初冠雪のたよりも届き始め、季節は冬に向かって移り変わろうとしています。東北の被災地のことを思うと、今年に限っては暖冬であってほしいと願わずにはいられません。

当院では秋の恒例行事となりました”青空マッサージ”を地元商店会のすかいロードまつりに出店しました。5回目の出店となった今年は、町内の他の治療院さんにも声をかけ共同で施術にあたりました。100名の方が来店されました。

11月にはパルスマイクロ波治療器といって筋肉や関節の深部まで温めることのできる機器を導入しました。鍼やマッサージの治療効果を促進してくれる補助具です。
また9月から訪問・出張担当のアルバイト1名、10月から研修生1名が入りました。
よろしくお願いいたします。

いよいよ今年も残すところ、ひと月あまり、治療室の大掃除もしてぇ・・・ちょっと模様替えもなぁ~んて・・・。さてさて どうなりますことやら??

✿訪問治療マッサージ

医療保険を利用してご自宅でのマッサージや運動訓練が受けられます。

  • 対象者歩行困難な方、寝たきりな方、マヒや硬縮がある方、障がい者の方等
  • 利用料金1回300円~500円程(自己負担1割の場合、往診料込み)

※訪問マッサージを受けるには、医師の同意書(費用は100円自己負担1割の場合)が必要です。同意書の所定用紙は当院にございます。ご利用方法など詳しくはお気軽にご相談ください。

横罫線

✿治療院の開院時間

【新狭山】 【笠幡】
   
10:00~13:00 9:00~12:00      
14:00~21:00  

✿ヨーガ教室

  • 毎週木曜日18:30~60分
  • 会費:月会員5000円(初回体験無料)
  • 入会金500円

✿ヨーガの呼吸法が健康によい理由(わけ)

ヨーガでは丹田呼吸といって下腹を膨らませたりへこませたりする呼吸を行います。
ではなぜそれが健康によいのでしょうか?

呼吸運動には、横隔膜が大きな役割を担っています。
横隔膜は胸腔と腹腔の境にあっておわんを伏せたような形をしています。横隔膜のおわんが平たくなってお腹側に下がると胸腔の中が広くなり肺が膨らみます。横隔膜が上がって、もとのおわん型に戻ると胸腔は狭くなり肺は縮む仕組みになっているのです。
胸式呼吸と腹式呼吸という言葉をお聞きになった方は多いと思います。ヨーガの呼吸法は、下腹の動きを中心とした一種の腹式呼吸です。

ここから結論です。胸式呼吸、普通の腹式呼吸、丹田呼吸の3つを横隔膜の動く距離で比較してみた実験があります。息を吐いていくと横隔膜は胸腔の方に上がりますが、丹田呼吸は横隔膜の上がる距離が一番少ないという結果が出ました。腹筋に力を入れているにもかかわらず横隔膜が上がらないということはそれだけ腹腔の圧力が高くなっていることになります。腹圧が高くなると心臓に向かう静脈の流れを促がし、胃や腸などに分布する副交感神経を刺激し、気持ちがおだやかぁになっていくというわけなんです。

ヨーガの呼吸法が健康によいわけ、がってんしていただけましたら幸いです。

文 山本 栄治よろしくお願いします♪とおじぎをするクマ

✿ヨーガ教室・生徒さんの声

社会人になって40年いろいろなスポーツを楽しんできましたが、ここ1~2年、体のあちこちに不具合が生じてきました。山本先生に鍼治療をしていただきながら去年からヨガにチャレンジしました。何回か教室に参加しているうちに、今までの体操と異なる体験を得ることを発見しました。体の歪み縮み、こわばった箇所をゆっくり時間をかけながら徐々に伸ばし正してゆく。スポーツジム等のヨガと異なり瞑想を充分に入れながらの1時間ですが3ヶ月くらい経過してから徐々にではありますが体の柔軟性も増してきました。東洋的なやさしさが体に良いのではと感じています。

Aさん

ヨガを習うきっかけは肩こり、四十肩、生理痛がひどくYT治療院で鍼治療を受けていた時に進めてもらいました。はじめの半年はなれないポーズや鼻で呼吸することなど自然にはできない事ばかりでしたが、自宅でも少しずつやれるようになると体もヨガを受け入れるようになってきました。

最近ではずいぶんと体調もよくなり特に足の先にザァーと血液が流れている感覚があり手足の冷えも気にならなくなりました。教室に通うようになり1年がたちますが、ますますヨガに興味を持つようになりました。

Bさん